出会って6年、結婚して2年経って知った夫のささやかな夢。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

今日はミニマルライフや節約身の丈暮らしとは関係のない、我が夫の話になります。

こちらが夫ですが

夫と与論島の海

昨日他愛もない会話の中から夫のささやかな夢を知りました。


スポンサーリンク


そんな夢を抱いているとはつゆ知らず。

その内容が個人的にツボだったので、記事にすることにしました(笑)

夫のささやかな夢


「いつか『羅生門』の続きを書きたい」

『羅生門』

ええ、あの芥川龍之介の『羅生門』です。

知らない方のために…冒頭のあらすじは以下のとおりです。

背景は平安時代。飢饉や辻風(竜巻)などの天変地異が打ち続き、都は衰微していた。ある暮れ方、荒廃した羅生門の下で若い下人が途方に暮れていた。下人は数日前、仕えていた主人から解雇された。生活の糧を得る術も無い彼は、いっそこのまま盗賊になろうかと思いつめるが、どうしても「勇気」が出ない。そんな折、羅生門の2階に人の気配を感じた彼は、興味を覚えて上へ昇ってみた。
ウィキペディア 羅生門(小説)より引用


私は高校の現代文の授業で勉強しました(今も教科書に載っているのかしら?)

夫曰く「既に構想はある」とのことです。

夫よ、いつかその夢を叶えておくれ


今は多忙極まりなく、自分のために使える時間がほとんどない夫。

それでも、いつか『羅生門 ‐その後‐』を書き上げてほしいと思っています。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


macaron  

いいですね〜!

羅生門の続き、是非読みたいです!((o(≧▽≦*)o)))

2018/06/13 (Wed) 16:17 | EDIT | REPLY |   

ゆうり  

macaronさん、コメントありがとうございます★

macaronさん、初めまして!ありがとうございます!
おそらく夫が定年にならないと取り掛かれないかもしれないですが…気長に楽しみにしています(^^)

2018/06/15 (Fri) 16:03 | EDIT | REPLY |   

お気軽にコメントください(^^)