【テレビは見ない】メリットだらけのテレビをほとんど見ない生活。

テレビは「浪費」だと気付いた


今、お家のテレビはついていますか?

我が家は以前まで特に見ていなくてもテレビがついているという状態が普通でした。

テレビ

テレビの音がしていないと寂しいと思っていました。


スポンサーリンク


それがある時「テレビがついていると時間と電気代を浪費する!」という思いがふっと湧いてきたのです。

鹿児島在住の私が東京のデパートで開催されている北海道物産展の様子を見たところで「美味しそう~」と食欲を刺激されるだけ。

見始めるとハマってしまって「続きどうなるの~」とハラハラするドラマも所詮は作り物…そこから得られるものは何だろうか?

そんなことを考えてから、パタッと見なくなりました。

とはいえ、全く見ないわけではないです。

かかさず見ている好きな番組もあります。

でも、テレビがついていない状態が我が家の基本になっています。

テレビをほとんど見ない生活のメリット


テレビをほとんど見ない生活には以下のようなメリットがあります。

・電気代削減になる

・物欲・食欲が刺激されない

・家事や趣味に使える時間が増える

・家族との時間が増える

・「テレビを見ていない」というだけで何となく穏やかな気持ちになれる(笑)

このようにメリットは多いです。

メリット

テレビをほとんど見ない生活…意外とすぐ慣れますし、得るものは多いのかなと思います。

毎日何気なくテレビがついている状態が続いているなら、思い切って一度電源をオフにしてみませんか?

読んでくださってありがとうございます(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)