奨学金の返済が家計にのしかかっているのですという話。タイムマシンがあったら過去の自分を全力で説教したい。

夫婦で奨学金を返済中


こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

当ブログでは我が家の経済状況を開けっ広げにしておりますが

節約身の丈暮らしをしているのに、家計がひっ迫している理由

電卓と数字

それは、夫婦で奨学金を返済しているからです。


スポンサーリンク


私たち夫婦の各実家は経済的に余裕がありませんでした(今もありませんが…)

そのため私も夫も大学進学の際には奨学金を借りました。

現在の返済額は以下のとおりです。

・夫:月々1万8千円 2027年まで(有利子)
・私:月々1万4千円 2021年まで(無利子)


私は出産を機に仕事をやめて収入ゼロなので、私の分も夫の給料から返済しています。

合わせて月々3万2千円…ちゃんと返済していますが、やはり大きな支出です(汗)

借りた当時は奨学金を借金とはとらえていなかった


奨学金は紛れもない借金です。

でも、私自身借りた当初は奨学金を借金とはとらえていませんでした。

事前の説明もちゃんと聞いていなかったように思います(これはダメですよね…)

そして、将来返済に困るかもしれないということなんて頭に浮かぶことはありませんでした。

契約書

書類もちゃんと読んでいなかったと思います(涙)

タイムマシンがあったら過去の自分を全力で説教したい


夫は大学時代にしっかり勉強して学んだことを生かした職業に就いているので、奨学金を借りた甲斐があったといえます。

それにひきかえ…私!私はダメダメなのです(涙)

大学時代はサークル棟に入りびたり、単位こそ落とさなかったものの成績表は可ばかり。

大学で専攻したことがその後の人生で生かさせることはなく。

得たものといえば「お酒の飲み方」「上下関係」「教員免許(高校理科)」くらいでしょうか。

大学4年時に精神的に病んでしまって卒論が書けず、留年までしています(爆)

もしタイムマシンがあったら、大学1年生の自分に会って「奨学金を借りたんだから勉強してくれ」「せめてもっと社会勉強してくれ」と全力で説教したいです。

タイムリープ

「机の引き出しを開けたらタイムマシンが!」…なんてないかな…(汗)

息子が奨学金を借りずにすむように今から出来ること


先にも述べたように、現在私は家計における返済額の占めるウエイトに頭を悩ませています。

出来ることなら息子にはこんな悩みを持たせたくありません。

だから、奨学金を借りずにすむように教育資金を準備しておきたいと強く思っています。

【教育資金確保のために取り組むこと】
・家計を整えて節約に励む
・息子が小さい今でも収入を得られるよう試行錯誤する
・息子が大きくなったら働きに出る


そして、どうしても教育資金が足りないとなったら、まずは親である私たちに返済義務がある教育ローンを借ります。

それでも奨学金を借りなければならない状況になったら…しっかりと家族で考えたいと思います。

子どもと手をつなぐ

それでは、この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです。

こちらには参考になる記事がいっぱい
(ブログ村テーマ)


節約生活

頑張らない節約

◇家計簿*お金事情*◇

主婦のつぶやき&節約&家事etc...


読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)