【息子2歳3か月】気になる発達についてまとめる。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

今日はミニマルライフや節約身の丈暮らしとは関係のない、我が息子の話になります。

息子、先日2歳3か月になりました。

息子2歳3か月

彼は発達がゆっくりめです。

そんな彼の気になる発達についてまとめてみます。


スポンサーリンク


過去の記事はこちらです。

【息子2歳】気になる発達についてまとめる。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。今日はミニマルライフや節約身の丈暮らしとは関係のない、我が息子の話になります。息子、先日2歳になりました。彼は発達がゆっくりめです。そんな彼の気になる発達についてまとめてみます。...


発達のために生活の中で取り組んでいること


生活の中で取り組んでいることは以下のとおりです。

【息子の発達のために取り組んでいること】

・運動させる(身体を動かす)

・声を出すくらい笑わせる

・目を合わせるように工夫

・以前の数倍話しかける

・たんぱく質・鉄分・低糖質を意識した食事


食事に関してはこれらの書籍を参考にしています。





試行錯誤の日々です。

2歳3か月の息子、療育での様子


数か月前から療育に通っています。

その療育先にて発達診断の簡易的なテスト(はい・いいえ方式)を受けたところ、息子は現段階で実年齢より発達がややゆっくりだということがわかりました。

運動や情緒、感覚などの項目において凸凹はなく、全ての項目がゆっくりでした。

お父さん 子ども 肩車

療育は1回45分。

まだ2歳児ということで、療育では興味の赴くままに遊んでいる感じです。

療育先の保育士さん・理学療法士さんが彼の興味を汲み取りながら、45分間声かけしたりサポートしたりしてくれます。

そして、その間、彼の性質などを読み取っているのだと思います。

2歳3か月の息子、出来るようになったこと


前回の記事作成時点から、出来るようになったことをまとめます。

・語彙が増えた

・三語文が出るようになった

・遊びのバリエーションが増えた


言葉に関しては「となりのトトロ」にはまったことが影響していると思います。

2歳児が「となりのトトロ」にはまるというのは本当だった。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。2歳児は「となりのトトロ」にはまる身内・知り合いからも聞いていましたし、ツイッターでもそのようなツイートを見たことがあります。...

家の中ではトトロですが、外でのマイブームは石。

外に出ると好みの石を見つけては拾っています。

子ども 森 枝を拾う

時々「それは岩だよね?持てないよね?」という大きさのものを拾おうとするところが可愛いです。

2歳3か月の息子、発達で気になっていること


・同年代の子どもにあまり興味・関心がない

・時々制御がきかないくらい動く(多動)

・歌の時間などに座っていられない

・呼びかけ・問いかけに対する反応が悪い

・興味・関心のあるものしか見ていない

5つ挙げましたが、全ては最後の1つに集約されているように思います。

息子は、とにかく自由です。

落ち葉 まく 子供

今はそれでも大丈夫ですが、集団生活に入っていくと自制が必要とされる場が増えます。

日々の生活、週1回の療育、月1回の親子教室で、TPOに応じた自制が少しずつ出来るようになっていけば嬉しいと思っています。

最後に


以上、発達がゆっくりめの息子2歳3か月時点のことをまとめました。

息子2歳3か月 その2

音が鳴るのは後ろのアンパンマンのことばずかんだけだよ~

息子の成長の経過は不定期に記事にしていきます。

息子の記事が実例として、いつかどなたかの参考になれば…とも思っています。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)