私が取り組んでいる食生活の改善について【高たんぱく質+鉄+低糖質】

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

以前からこのブログで

「食生活の改善に試行錯誤している」

ちらりほらりと触れておりました。

鍋 スプーン スープ

今日はその件について、ざっくりですがお話します。


スポンサーリンク


食生活の改善、きっかけは息子の発達の遅れ


食生活を改善するきっかけになったのは、息子の発達の遅れです。

悩んでいる時に、こちらの書籍の存在を知りました。

『食事でよくなる!子供の発達障害』

「栄養の過不足を整えて自身の治癒力を高める」という食事栄養療法に基づいた内容です。

実際に「食事を整えることで発達障害の症状が緩和した!」という実例も掲載されています。

「これは!取り組んでみるしかない!」と感じた私。

加えて、先の書籍を監修されていた精神科医の藤川徳美先生の

『うつ消しごはん』

『精神科医が考えた!うつも消える!心を強くする食事術』

『薬に頼らず子どもの多動・学習障害をなくす方法』

こちらも読み、さらに関連書籍やサイトで勉強して食生活の改善に取り掛かりました。

たんぱく質と鉄を摂って、糖質を控える食生活


現在の食生活における大きな柱はこちらです。

・動物性たんぱく質をたくさん摂る(肉、卵など)

・鉄をしっかり摂る

・糖質を控える(パンや砂糖、お菓子類)


ステーキ アスパラ にんじん

もう少し詳しくいうと

器官やホルモン、血液など身体の原料になるたんぱく質をたくさん摂り

血液だけでなく、神経伝達物質の合成に欠かせない鉄をしっかり摂り

分解される時にたんぱく質や鉄、ビタミンを消費してしまう糖質を控える


ということです。

ドーナツ NG

私が息子のおやつの内容を変えたのもこの一環です。

理論や詳しい説明は先にご紹介した書籍を読んでいただくのがとにかく一番早くて確実なので、興味を持たれた方はぜひ読んでみてください。

食生活の改善に試行錯誤して約4か月、効果を実感しています


「これは!取り組んでみるしかない!」と思い立ってから早4か月。

厳しく取り組もうとして挫折しそうになったり、経済的な問題との兼ね合いに苦労したり。

いろいろありましたが、最近なんとか我が家に合う形にたどり着きつつあります。

そして

・動物性たんぱく質をたくさん摂る(肉、卵など)

・鉄をしっかり摂る

・糖質を控える(パンや砂糖、お菓子類)


気になるのはその効果だと思います。

肝心の息子の発達については、先日こちらの記事にまとめました。

【息子2歳】気になる発達についてまとめてみる。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。今日はミニマルライフや節約身の丈暮らしとは関係のない、我が息子の話になります。息子、先日2歳になりました...

行動面に関してはまだ気になることが多々あるものの、ことばに関してはものすごーーーく伸びました。

「ものすごーーーく」と強調したくなるくらい伸びました。

あと、先の記事には書いていませんが、背が伸びて身体が締まりました。

加えて、同じ食生活をしている私ですが

・甘いものをそんなに食べたくなくなった

・3.5キロ痩せた(53キロ→49.5キロ)

・代謝が上がった気がする。l9のkmm

・肌の調子が良くなった気がする


メジャー 体重計

特別な運動も筋トレもしていないのに、体重が50キロ切るなんて…びっくりです。

最後に


以上、我が家が取り組んでいる食生活の改善について簡単に説明しました。

私は

・動物性たんぱく質をたくさん摂る(肉、卵など)

・鉄をしっかり摂る

・糖質を控える(パンや砂糖、お菓子類)


この食生活に光を見出したので、これからも続けていきたいと思っています。

家族みんなが健康より良く生きられるように、私はこれからも食生活を整えていきます。

※効果には個人差があります。

※糖質制限が向かない人・糖質制限してはいけない人もいます。

※この食生活については書籍を読むなどして知識を身に付けてから始めることをおすすめします。


ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)