【名もなき家事を増やさないで】専業主婦が意を決して夫に物申した話。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

私は専業主婦。

私の仕事は家事・育児です。

夫が外で働いてくれるから生活出来ているわけなので、夫がほとんど家事を担わないことには何も言うまいと思っていました。

しかしながら

文句を言う なのなのな

ええ、今日ついに物申してしまいました。


スポンサーリンク


家事のひと手間を増やす夫に物申す


断っておきますが、夫は優しくて良い人です。

ただ、彼には「自分が経験していないことはわからない・想像出来ない」ところがあります。

以前私がぎっくり腰になった時も「立てないくらい痛い」ということを理解してもらえず、悶々とした覚えがあります。

-----

さて、今朝の話。

5時15分に起床、お弁当を作ろうと台所に行くと、シンクにスイカの種が点在しておりました。

suika.png

私が布団に入った後に、夫がスイカを食べたのですよね。



スイカを食べ終わった後にちょっと水を流せば、種は排水溝のごみ受けに入ります。

その間、10秒程度でしょう。

でも、夫はそれをしなかったわけで。

そして今朝…乾燥した種は水を流したくらいでは取れず。

お弁当を作る前にシンクの掃除からスタートすることになりました。

このように、夫は家事のひと手間を増やしがちなのです。

いわゆる、「名もなき家事」を増やしがちなのです。

使ったものを元の場所に戻さない、とか。

服を脱いだ時に袖が内側に入ったままでもそのまま洗濯かごにイン、とか。

彼には「それらの些細なことが家事をする者のひと手間になる」ということがわからないのです。

前々から悶々としておりましたが、それが限界に達してしまい。

先程の事例を挙げながら

「家事は専業主婦である私の仕事なので

もっと貴方に家事をしてもらいたいというわけではないけれど

ただ、家事の手間を増やさないようにもう少し配慮してもらいたい」


朝から夫に苦言を呈してしまったのです。

専業主婦は物申すだけで終わらせない


夫は「気を付けます」と言った後にいろいろ考えたようで。

「人間ってどうやったら変われるのかな?」などとつぶやいておりました。



えーと、今回の場合は、配慮と努力で何とかなると思います(汗)

いかがでしょう??

ただ、このように日々一生懸命働いている夫に物申したからには

私は全力で家事・育児に取り組みます!

なのなのな 燃える

頑張ります!

絶対に負けません(←誰に…笑)

-----

以上、今朝の我が家の出来事でした。

誰かの役に立つというような内容ではありませんが、ここまで読んでくださってありがとうございます(^^;)

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)