35歳、義父の実家相続問題に直面する。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

我が夫の故郷は鹿児島県の奄美大島。

そして、義両親も故郷は奄美大島になります。

さて、先日夫は義弟の結婚式に参加してきました。

空き家 イラスト

その中で久々に義父の兄弟に会ったわけですが、そこで義父の実家が話題になったそうです。


スポンサーリンク


義父の兄弟が実家の問題を丸投げしてきた


現在義両親は賃貸に住んでいるため、義父の実家は空き家です。

奄美大島の中でも辺ぴなところにあります。

集落にはお値段コンビニの1.3倍くらいの商店が1つ2つ。

病院に行くにも、買い出しにも、車が必須です。

義父の兄弟のうち、奄美大島に在住しているのは義父のみ。

故に、実家の相続代表人は義父になっています。

------

義弟の結婚式にて、我が夫は義父の長兄&弟にこう言われたそうです。

「あの家の名義、とっととY(夫の名前)かH(義弟の名前)に変えろや」

「兄弟の誰かが亡くなってからでは、手続きが難しくなるかや急げ」

「兄弟は誰も奄美に帰らないから、後はお前たち家族で何とかしろや」



ギィーーー(怒)

なんだこの超絶上から目線!( `皿´ )

いつも温厚温和な夫ですら「父を含めあの兄弟全員癖があって自分本位だけど、さすがにあの場では俺も馬鹿野郎と言いたかったよね」と腹を立てていました。

私、この場にいなくて良かった。

いたら胃が痛くなっていたよね。

そして、下手したらプッツン切れて何か投げていたよね。

------

さらに、後日義父と夫が話したところ、これまた腹が立つ事実が発覚しました。

義祖母が亡くなった後、義父は実家を手放そうとしたのです。

管理に時間もお金もかかるから、自分たちの代で片を付けたいと思っていた義父。

でも、当時、長兄&弟が「思い出のある実家だから手放すのは待て」と言ったとな。

そして、その話は流れました。

それを今になって、俺たちは関係ないやら、お前たちが管理するのが当たり前やら…言うわけです。

ギィーーー(怒)

義父の実家相続問題、続きは後日…


この続き、まだまとめきれていないので後日お送りしますね(汗)

皆…というか、我が家にとって悩みの種となってしまった義父の実家。

もはや価値のある財産ではなく、負動産です。

まあ、長兄も70代。

今更奄美に帰ろうという気持ちは皆無でしょうし、自分たちの生活を守るので必死なのかもしれません。



だからといって

いろいろ許せるかと言われたら、許せないよね( `皿´ )

ハァ…ハァ…

ちょっと、これからコーヒーでも飲んで落ち着きますね(苦笑)

こちらには参考になる記事がいっぱい
(ブログ村テーマ)


節約生活

頑張らない節約

◇家計簿*お金事情*◇

主婦の味方♪♪

主婦のつぶやき&節約&家事etc...


読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)