発達ゆっくりの息子、初めて親子教室に行ってきました。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

今日はミニマルライフや節約身の丈暮らしとは関係のない、我が息子の話になります。

現在1歳8か月、発達について心配事がいろいろあります。

保健センターにてその旨を相談したところ、親子教室を勧められました。

積み木

ということで、初めて親子教室に参加した様子などをまとめてみたいと思います。


スポンサーリンク


1歳7か月時点の悩み↓↓は現在も概ね継続中です(汗)

続・息子の発達について今抱えている不安をただただ正直に書いてみる【息子1歳7か月】

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。我が息子はもうすぐ1歳8か月。私、今、息子の発達について心配しています...

初めての親子教室、自由を満喫する息子


親子教室というものをご存じない方にさっくり説明しますね。

自治体が主催していて、言葉や身体の動きなど子どもの発達に心配や悩みがある場合に参加出来ます。

1歳半健診などの定期健診で気になることがあった場合に勧められることが多いようです。

「教室」という名はついていますが、子どもはとにかく楽しく遊ぶだけです。

その間に心理士さんや保育士さんなどが子どもの様子を見てくれます。

親は抱えている心配や悩みを相談したり、アドバイスをもらったり出来ます。

親子教室に通ううちに気になることが解消されて卒業していく子もいますし、療育へ通い始める子もいます。

さてはて、我が息子ですが。

まーーー、自由でした(笑)

今日はスリッパがいたく気に入ったようで

スリッパ
↑このスリッパですね

遊びの間もスリッパを履く or 持って移動。

取ろうとすると嫌がる嫌がる。

そして、お歌・お話の時間。

まーーー、じっと出来ません。

「集団で輪になって何かに集中」という場面に慣れていないのもありますが、部屋の中を走り回っていました。

でも、これら、私の中で想定の範囲内(笑)

むしろ、この息子の様子を専門の方に見てもらうのが親子教室の目的ですからね。

担当の保健師さんがとても良い人で嬉しい件


私が定期健診を待たず自ら保健センターを訪ねて相談したことで、担当の保健師さんに「この人は結構心配している」と思われているのかもしれません。

でも、それが功を奏して(?)いるようです。

「この親子教室で専門の方と一緒に息子くんの出来ること・苦手なことを見ていきましょう」

「その過程で、療育に通った方が息子くんのためになるようでしたらご案内をさせてください」

「もしその前段階でも希望があれば、療育のご案内は出来ますよ」

「気になることがあったら、ご相談くださいね」


ええ、何がって…

子どもの発達について悩んでいるお母さんにとって、どんどん具体的な話をしてもらえることほど助かることはありません。

ちなみに、この地域には療育を受けられる施設が多数あるとのこと!ありがたし!

ただし、どの施設も空き待ちらしいです(汗)

発達に心配はあっても、可愛い息子です


息子のことを心配しては、沈んだり浮いたりしている私ですが。

そんなことお構いなしに、息子は日々生きております。

彼が人生を穏やかに楽しく生きていけるように、お母ちゃんは必要な手助けをしていくのです。

…手助けにお金が必要となれば、お母ちゃん稼ぎに出なきゃですな(笑)

これからも、息子の成長の経過は不定期に記事にしていきたいと思います。

こちらには参考になる記事がいっぱい
(ブログ村テーマ)


育児

笑顔になれる子育て

子どものいる暮らし。

シンプルに子供と暮らす

主婦の独り言


読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


ひな  

信頼できる保健士さんが対応してくださってよかったですね^^

もし、このままお子さんの発達がゆっくりで成長されたとしても、
お金をかけようとすればいくらでもかけられますが(人気の自費の発達支援月5万からーとか、予約の取れない病院の自費部門検査だけで20万ーとか)
基本的な支援を受けるなら、定型発達の子を育てるよりお金かからないです。
(物を壊す子とかだと弁償とか発生すると思いますが;;)
場合によっては特別児童扶養手当の対象にもなりますし、年末調整などでの控除や、自治体によっては、水道代など減免してくれます。
家族の心理的金銭的負担を減らしてくれるための措置が取られていますよ^^

また、ちいさいころは短期間でぐんと発達が進むこともあるので、療育手帳ですら2年ごとに更新もしくは返却ですし(自治体によるかと思いますが)
発達支援に通うための通所許可証も、返却対象になったお友達たくさん知ってます^^
あまり思いつめずに、使えるものは使わせていただきましょう^^

2019/06/15 (Sat) 12:17 | EDIT | REPLY |   

ゆうり  

ひなさん、コメントありがとうございました!

ひなさん、また詳しくコメントしていただいて…本当にありがとうございます!

この自治体の体制なのか、担当の保健師さんが良い方なのか、親子教室1回目の段階で結構詳しくてためになる話が聞けました。

その保健師さんも「療育を受けて定型発達の子どもと変わらないくらい伸びる子もたくさんいるので、凸凹やつまづきは早いうちに見つけてあげたい」とおっしゃっています。

福祉サービス受給者証のことなど聞き忘れましたが、次回の親子教室で聞いてみます。

もちろん、日々の生活でも、息子が声を出して笑ってくれるような遊びを探ったり栄養ある食事を作ったり…頑張りますね(^^)

2019/06/16 (Sun) 12:00 | EDIT | REPLY |   

お気軽にコメントください(^^)