生活やお金の常識も時代と共に変わるということを心得よ…という話。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

家事・育児の合間にミニマリスト・シンプルライフ・節約のブログを拝見することが日課です。

スキマ時間に様々なことを学び得ることが出来るので助かります。

ハート 矢

そんな中、先日とても心に刺さる記事を読みました。


スポンサーリンク


生活の常識も時代と共に変わるということを心得よ


それは貯め代さんのこちらの記事です。

【老前破産】年金支給70歳代時代のお金のサバイバル、荻原博子さんの本 - 貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

足りない生活費 経済ジャーナリスト荻原博子さんの本『老前破産 年金支給70歳時代のお金サバイバル』を読みました…

貯め代さんのブログ:貯め代のシンプルライフと暮らしのヒント

タイトルに「暮らしのヒント」とあるように、暮らしに活かせることが綴られているブログです。

私もいろんなことを学び得ております。

さて、この記事の中で貯め代さんはこのように書かれています。

現代は「人並み」の生活を送ることに対して、背伸びしなければならない人がけっこういると言えるのでしょう。


20年前は人並みとされた持ち家、自家用車、子どもの大学進学ですが、庶民には手の届かないものになりつつあるということが、本から読み取れました。

その『人並み』は、団塊の世代が作り上げた横並びの呪縛かもしれません。

富裕層をのぞき今の40代、50代は背伸びして借金を抱え込まなければ、住宅を手に入れ、子どもを大学に進ませ、車を乗り回すことが叶わない。


そうなのです。

ひと昔前に当たり前だったことは、今の時代手が届きづらいものになっています。

手の影

「親たちはそうだったから自分たちも同じように成るだろう」なんて考えていたら痛い目を見る可能性があります。

生活やお金の常識も時代と共に変わるということを心得ておくべきなのです。

その上で、しっかりライフプランを立てる必要があると思います。

ちなみに、我が家はですね…

・実家・義実家が経済的に余裕がない

・夫婦共に奨学金を返済中


というような節約身の丈暮らしなので、元から家を建てることは求めていません。

さらに今、実家で介護や介護費用について頭を悩ませている様子を見ているので、なおさら家計の整えや貯金に尽力せねばと痛感しています。

最後に


以上、貯め代さんの記事から考えたことをお送りしました。

生活やお金の常識は時代によって変わります。

親世代の常識や当たり前に惑わされてはいけません。

大事なのは、時代の流れを読むこと

そして、家庭の現状をしっかりと把握すること

家族で「何を大事にして生活したいのか」しっかり考えることだと思います。


それでは、この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです(^^)

こちらには参考になる記事がいっぱい
(ブログ村テーマ)


節約生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

すっきり暮らす

主婦の独り言


読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)