実家の借金の整理が終了したのです…という話【前編】

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

事情があって私の両親には借金があったのですが

先日

借金の整理が終了しました。

FIN フィン

長かった…ああ、長かった…。

借金の整理はものすごーく大変だったのですが、そう経験出来ることではないので学び得た教訓と共に経緯をかいつまんでお話したいと思います。


スポンサーリンク


教訓:何があっても借金の連帯保証人には絶対になってはならない!


事の発端はこちらの記事に詳しく書いてあります。

【病気で借金が発覚…】私が本格的にミニマリストと節約主婦を目指すことを決心した大きなきっかけの話。

ミニマリストを目指す節約主婦のゆうりです。元々ミニマリストには憧れていて節約志向でしたが...

三行でまとめると、このような感じです。

・父が病気で倒れる

・会社に借金があることが発覚

・私、借金の整理を頑張る


字面が重たいですね(汗)

会社の借金の連帯保証人は両親でした。

つまり、会社の借金=両親の借金 だったのです。

両親は会社を経営していたので当人が連帯保証人にならざるを得ませんでしたが。

そのような特殊な場合を除いて

どんなに親しい人がお願いしてきても、借金の連帯保証人には絶対になっては絶対にダメですよ!

契約書と印鑑

主債務者が返済出来なくなれば、もれなく借金は連帯保証人に降りかかります。

もれなく、例外なく、問答無用です。

逃れる手はありません。

それくらい連帯保証人の責務は非常に重たいのです。

だから、連帯保証人になってはダメ!絶対にダメですよ!

私は息子がお願いしてきても、断ります(下手すると共倒れになりますからね…)

教訓:緊急時は素早く専門家に相談すべし


会社の通帳を見た時点で、私は「これは自力でどうにか出来るものではない」と悟りました。

借金の整理についてインターネットで検索していろんなページを閲覧しましたが、一般的な情報はわかっても今自分たちがどう動くべきかわかるはずもなく。

その時ふと「市のどこかで弁護士さんの無料法律相談が受けられたはず…」と思い出します。

すぐ調べて予約の電話をかけたら、残り1枠だけ空いていると!

即予約です。

相談時間は30分と限られていたので、直面している状況を細かくまとめた資料を作って妹と共に赴きました。

スーツの男性に説明を受ける

弁護士さん曰く「とにかくこれはすぐ動いた方が良い」と。

「毎月返済はやってくるので、早く手を打たないともっと大変なことになる」と。

規定の30分をオーバーしてまでいろんな説明をしてくださいました。

数日後、母と共に弁護士事務所を訪れ、その弁護士さんに借金の整理をお願いすることにしました。

弁護士バッジと六法全書

あのタイミングで無料法律相談の存在を思い出さなかったら…

予約の電話をかけるのが1時間遅れていたら…

事態は大きく変わっていたと思います。

あの時、あの瞬間、気付いて電話をかけた私を褒めたいです。

緊急時は、インターネットで情報収集するよりも、素早く専門家に相談すべし!

インターネットで検索をすれば多種多様な情報を得られますが、それらを精査するのにはどうしても時間がかかります。

緊急時は、いかに早く、いかに正確に動けるかが重要です。

とりあえず、今日はここまで


以上、実体験を教訓と共にかいつまんでお送りしました。

人生において弁護士さんのお世話になることが起きるなんて思ってもみなかったです(汗)

(正確に言えば、依頼者は両親になるのですが…)

私が学び得た教訓はまだまだあります。

【後編】はこちら↓↓です。

続・実家の借金の整理が終了したのです…という話【後編】

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。事情があって私の両親には借金があったのですが先日、借金の整理が終了しました。借金の整理はものすごーく大変だったのですが、そう経験出来ることではないので学び得た教訓と共に経緯をかいつまんでお話したいと思います。...


読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたらとても嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)