片付けを通して昔の自分の困った癖と向き合う。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

現在、帰省中です。

実家にある細々とした私物を取捨選択しているのですが

なのなのな 石の上で考える

その過程で昔の自分の困った癖と向き合いました。


スポンサーリンク


「何事も形から入る」という困った癖


その癖が顕著に出ているものがこちら

手放した手芸もろもろ

百均で購入したハンドメイド用の小物類です。

一時期、写真立てをリメイクすることにはまっていたのですが、先に材料だけたくさん買い込んでいました。

テープシールは未使用のものを含めてこんなに

使わなかったシールテープ

フェルトの花も大量に

大量の花

ええ、途中で飽きました。

使い切れずに残りました。

昔の私は何事も形から入る癖があったのです。

例えば「この検定に興味があるな~」と思うと、まず問題集を買い込む。

何だかんだ勉強出来ずに検定取得まで至らなかったものがちらほらり。

ああ、あれら手芸用品代や問題集代がここにあれば…ぐぬぅ…。

なのなのな 犬とへこむ

ちなみに、手芸用品は「おそらく今後も使う機会はないだろう」ということで処分しました。

最後に


今回片付けを通して、「何事も形から入る」という昔の困った癖と改めて向き合ったことで「もう同じ轍は踏まない」という気持ちを強固にしました。

これも片付けの効果の1つかと。

今後何か新しいことを始めたくなっても、はやる気持ちをちゃんとセーブ出来そうです。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)