ときめかなくなって捨てたもの&急にときめいて捨てなかったもの。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

お片付け本の代表格、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」


こちらでは「実際に触ってみてときめくか、ときめかないか」ということをものを捨てる基準にしています。


スポンサーリンク


ときめかなくなって捨てたもの


さて、こちらのパジャマ。

パジャマ

友人にもらって愛用していたものです。

衣替えにあたって衣装ケースにしまおうと手に取ってじっと見つめた時に、もうときめかなかったので捨てることにしました。

可愛いパジャマよ…これまで冷え性の私を温めてくれてありがとう。

急にときめいて捨てなかったもの


逆に、捨てるつもりでいたのに急にときめいてタンスへと舞い戻ったのがこちらのワンピース。

ワンピース


一度はこの「処分予定の服ぶっこみ袋」に入れていました。

処分する服

でも、袋の中を確認している時に触ったら…ときめいたのです。

実際に着てみてもしっくりきました。

この夏、活躍することでしょう。

最後に


ミニマリストを目指している私にとって不要なものを捨てることは不可欠なことです。

でも、手当たり次第捨てるのではなく、そのものと向き合って捨てるのか残すのか判断することも必要だということに気付きました。

少数精鋭のときめくものに囲まれた生活を送れるようにこつこつ頑張ろうと思います。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)