私が断捨離を始めたきっかけについて。

断捨離のきっかけは叔父の存在


私が断捨離を始めたきっかけ。

それは叔父の存在です。

男性 後姿

定年退職してこれから第二の人生を楽しもうとしていた矢先、命を脅かす大病に侵されてしまいました。


スポンサーリンク


「自分がいなくなってから迷惑をかけたくない」

私物はほとんどは処分し、保険や年金など諸手続きについてわかりやすい資料をまとめました。

程なく、叔父は入院して亡くなりました。

叔父が行っていたのは断捨離そのもの


叔父が亡くなった後、たまたま図書館で借りて読んだのがこの本です。


まだまだ「断捨離」という言葉が浸透していない頃でした。

この本を読んで叔父が実践していたのは断捨離そのものだと知ったのです。

断捨離したい!ミニマリストになりたい!


『断捨離のすすめ』を読み終えて「こんな考え方があるのか」と衝撃を受けました。

それと同時に、私の周りにはずっと着ていない服や可愛いという理由だけで買った雑貨など…生活に必要のないもので溢れていることに気付きました。

「私も断捨離したい!ものを減らしたい!」

そして数年後、必要最低限のもので生活をする「ミニマリスト」の存在を知るところとなります。

「私の目指すところはここだ!ミニマリストなんだ!」

そして、最終的にはこのブログを立ち上げるまでに至りました。

最後に


私がミニマリストを目指すことは叔父の導きだったのかもしれません。

叔父には本当に感謝しています。

理想とする余分なものは削ぎ落とした必要なものだけで送る身の丈にあった暮らしを達成すべく日々一歩一歩進んでいきます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)