35歳の私がミニマリストを目指して断捨離をする先にある最終的な目標は終活だという話。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

そもそも

・何のためにミニマリストを目指しているのか

・何のために断捨離をしているのか


これらのことについて、このブログで幾度か触れております。

綺麗な雪の玉 なのか

今日はそれらを振り返りながら、最終的に定めている目標についてお話します。


スポンサーリンク


ミニマリストを目指して断捨離をする先にある現在の目標


まず、私がミニマリストを目覚めてこつこつ断捨離しているのは

生活と家計を整えるため

節約中にこそミニマリストを目指そう!断捨離すると物質のほかに減るものがあるよという話。

おはようございます、ゆうりです。今週は我が家の経済事情を晒してまいりました。ここでちょっと視点を変えまして...

そして、ものの考え方や心を整えるためです。

断捨離すると物質は減るけれど、素敵なものが得られるよという話。

おはようございます、ゆうりです。以前節約中にこそ断捨離をしてものを減らした方がいいというお話をしました...

「家の中が整うと、いろんなことが整う」

日々強く実感しているところです。

ミニマリストを目指して断捨離をする先にある未来の目標


もう少し未来のことも見据えています。

今のうちからミニマリストを目指してものが少ない節約生活に慣れておけば、老後の生活に困らないのではないかと考えています。

35歳の私が断捨離してミニマリストを目指すのは老後の準備でもあるという話。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。先日、社宅の奥さん方と「将来どこに住むか?」という話題になった時...

その時が来てから「収入が年金だけになったから生活を見直さねば!」と思っても、いきなり生活の規模を縮小することは難しいものです。

特に我が家は現在貯金がないため、介護資金や老後資金に苦心しそう。

(いや、将来苦心しないように、今頑張って節約しているのですが…)

だから、今のうちから小さな身の丈暮らしに慣れておきたいと思っています。

ミニマリストを目指して断捨離をする先にある最終的な目標


そして、最終的な目標。

この流れから、何となくおわかりの方も多いかと思います。

そうです。

私がミニマリストを目指して断捨離しているのは

終活 の一環です。

砂が落ちている砂時計

35歳ですが、常々終活のことを考えています。

「人生いつ何が起こるかわからない」

親や親族の病気、何より自分の病気を通して、この言葉を何度も痛感しました。

だから、突然「何が」がやって来ても私のものに関する後始末で大きな手間をかけないように…今のうちから意識して生活しています。

最後に


以上、ミニマリストを目指している最終的な理由が終活なのですということをお送りしました。

終活を意識すると、不用意にものを購入したり、不要なものを溜め込んだりしないようにしようと思えます。

結果、先に述べた節約や老後の準備に繋がっているのです。

…何だか面白いというか、深いというか。

「自分の終わりを意識すると、今の生活が変わる」

これもひしひしと実感している35歳の私なのでした。

読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


TAMAKO  

はじめまして。多分ゆうりさんのお母さん位の世代です。
私も以前から整理整頓が好きで断捨離に励んでいます。
3年前実家の父が亡くなった時、山のように私物を廃棄しましたが、親の愛用した物を捨てるのはとても辛く悲しかったです。私の子供達にはそんな思いをさせないように、少しずつ終活していますよ。ゆうりさんはお若いのにしっかりされていて素晴らしいですね。

2019/01/31 (Thu) 11:32 | EDIT | REPLY |   

ゆうり  

TAMAKOさん、コメントありがとうございます!

はじめまして。

お返事が遅くなってごめんなさい(涙)

数年前までは断捨離に興味こそあれ、終活などは全く意識せずに生活しておりました。

それから様々な経験をとおして「今から終わりを意識して生活しよう」と思うようになりました。

どれくらい先になるかわかりませんが、息子に「お母ちゃん、さすがだなぁ」と言ってもらえる最期を迎えたいです(^^)

2019/02/03 (Sun) 17:43 | EDIT | REPLY |   

お気軽にコメントください(^^)