億劫なことほどさっさと取り組んだ方が経済効率が格段に良いと再認識した話。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

ブログタイトル、相変わらず長っ(笑)

はい、億劫なことほどさっさと取り組んだ方が経済効率が格段に良いということについてお話します。

自戒の意味も込めて書きます。

そして、本日の主役は

本日の主役

私ゆうりの3歳下のでございます。


スポンサーリンク


私の妹は元事務職、1児の子持ち専業主婦です。

以下の記事から読んでいただけると彼女のバイタリティーあふれる様子が伝わるかと思います。

【もはや業者】女子力高い妹による実家セルフリフォーム【第1章】

大規模断捨離の末にセルフリフォーム中の実家私の実家は築およそ25年。両親はここ数年祖父母家に住んでいましたが、事情でその家を引き払うこととなりました...

このブログを読んでくださる方から愛されており、一部では「匠」と呼ばれている妹です(笑)

ずっと放置していた書類について妹が問い合わせてくれた話


さて、本題です。

私の実家に、ずっと放置していた古い父の書類がありました。

父は60歳で脳梗塞を患い、現在も失語症と高次脳機能障害が残っています。

以下の記事に詳細が書いてあるので、良かったら読んでください。

【病気で借金が発覚…】私が本格的にミニマリストと節約主婦を目指すことを決心した大きなきっかけの話。

ミニマリストを目指す節約主婦のゆうりです。元々ミニマリストには憧れていて節約志向でしたが、そのスピードを増さざるを得なくなったきっかけについて語ります...

失語症があるため、本人が問い合わせたり対応したりするのは厳しい。

私も母も書いてある内容はわかるのですが、どこにどう対処したらいいのかわからず。

気になってはいたのですが、私の産後うつでそれどころではなくなったり息子育児でてんやわんやしていたり。

落ち着いてからも問い合わせることが億劫で、ずっと放置したままでした。

そして、先日。

帰省していた妹が書類に書かれている電話番号に問い合わせてくれました。

ちなみに、彼女は受付兼事務だったため電話対応は非常にうまいです。

そして、方々に電話を重ねた結果…

・書類を送るから必定事項を明記して郵送してね

・手続きが完了したら年間約50万円もらえるよ

・60歳からこれまでの分はまとめて振り込むね


という衝撃の事実がわかりました!

その書類というのは、父の企業年金の証書

年金手帳 めがね 電卓

父が会社勤めをしていた頃にかけていた企業年金の証書でした。

月約4万円…大きなお金です。

怖かったのは

・65歳までに手続きしなかったら失効だった
と言われたこと。

今回妹が問い合わせてくれて本当に良かったです(汗)

最後に


「アレやらないといけないのに、億劫だから後回しにしようかなー…」

こんなもやもやした気持ち生活を抱えていると、生活における効率が格段に下がります。

それに比例して、経済効率も下がります。

ストレスで甘いものを余計に食べてしまったり、買い物してしまったり…等など。

今回の場合は、1年以上ずっと気になっていたことがものの数十分で解決しました。

もちろん、このように短時間で解決する事例ばかりではないです。

でも、その億劫なことに着手するだけで心の重荷が軽くなる可能性はありますよ。

…冒頭に述べたように、私はこの記事を自戒の意味を込めて書いています(汗)

これから、億劫なことを先延ばしにしないようにしよう…そうしよう…(´・ω・`)

こちらには参考になる記事がいっぱい
(ブログ村テーマ)

シンプルで豊かな暮らし

すっきり暮らす

もっと心地いい暮らしがしたい!

楽しく暮らす

主婦の独り言


読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたらとても嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)