シンプルな食費の節約。料理が苦手な主婦にも適した方法。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

大きな声で言えることではありませんが、私は料理が苦手です。

それでも、結婚当時と比べると格段に慣れてきました。

フライパンと調味料など

そして最近、我が家に適した食費の節約方法が見えてきました。


スポンサーリンク


我が家のシンプルな食費の節約方法


我が家に適した食費の節約方法は

定番の料理を作ること

言い換えると

珍しい料理や奇をてらった料理は作らないこと

です。

さんま塩焼き定食

夫曰く、自分が赤ちゃんの頃からずっとお義母さんが働いていたこともあり、食事のメニューにおけるバリエーションは少なかったとのこと。

肉野菜炒め、カレーライス、鶏の唐揚げ、餃子、肉じゃが etc…

このようなメニューがローテーションで出てきたそう。

故に、夫が食べ慣れているのは先に挙げたような定番の料理。

アクアパッツアやビーフストロガノフなんぞ作ったところで、「また作って」とはならなそうです(笑)

現在2歳の息子。

これは育児あるあるだと思うのですが…手の込んだ料理を作った時に限って食べません。

定番の料理を作ることが節約になる理由


以上のことから、我が家で珍しい料理を食卓に出すのをやめました。

肉や魚を焼いたり、「肉野菜炒め」としか呼びようのない炒め物やこだわりのないカレーライスなどを作ったりしています。

でも、これらのいわゆる定番の料理を作ることが節約に繋がるということに気付きました。

理由は以下のとおりです。

①珍しい食材や調味料が必要でない

スパイス

普段作らない珍しい料理をイチからちゃんと作ろうとすると普段買わないような食材や調味料が必要になることがあります。

それらを最後まで使い切れば問題ないですが…結局使い切れずに賞味期限を切らしがち。

特に、○○醤とか瓶入りのスパイス類。

私はこれまでいくつもダメにしてきました。

食品ロスはもったいない上に節約という点でもアウトです。

一方、定番の料理であれば基本的によく使う食材や調味料で完結することが多いので、上記のようなことが避けられます。

②調理で失敗することが少ない

フライパンで何かを炒めている

これは料理が苦手な私だから…ということもあるのですが…

普段作り慣れていないものを作ると、味付けがうまくいかないことが多いです(汗)

(レシピどおりに作っているのに…何故だ?!)

そのような時は失敗料理を私1人で食べて、夫には別の料理を作っていました。

これでは時間と食材を余計に使ってしまいますよね。

一方、定番の料理であればそう簡単には失敗しないので、上記のようなことが避けられます。

最後に


以上、「定番の料理を作る」という料理が苦手な主婦である私に適したシンプルな食費の節約方法についてお送りしました。

何より

我が家の場合、定番の料理の方が「美味しい」と喜ばれる

この点も非常に大きいです。

家族が「美味しい」と思うものを作ることが、結果自分も楽だし節約に繋がるという…願ったり叶ったりです。

「多種多様な料理を食卓に並べた方が喜ばれるかもしれない」という想いはそっと手放しました。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)