【捨】服の捨て時を間違えた!

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

今の手持ちの服はミニマリストを目指す前に購入したものです。

時間をかけて、それらを取捨選択しています。

そんな中ついに

「あー、アレ捨てなければ良かったー」

なのなのな 絶望と犬

後悔することがありました。


スポンサーリンク


夏に冬服を捨ててはダメ!


後悔しているのはこちらのロングスカートの色違いです。

捨てなければ良かったロングスカートの色違い

フリースのような生地の 用ロングスカートです。

写真ではわかりづらいですが、こちらは濃紺。

手放したのは黒でした。

「1枚あれば大丈夫だろう」と思ったのです。

その時は でした。

そして冬の今、このロングスカートをかなりのヘビロテで着ています。

洗い替えが欲しいくらいヘビロテで着ています。

「あー、あの黒のロングスカートは捨てなければ良かったー」と考えている今日この頃です(汗)

服の取捨選択に適した時期はその季節中 or その季節が終わってすぐ


1年を通して使う日用品や生活雑貨だったら、どの季節に取捨選択をしても良いと思います。

でも、使う季節が限られている服は勝手が違います。

その服を着ていない季節だと、要・不要を想像することになるからです。

捨てスイッチが入っている時は「アレもコレもなくて大丈夫!」と捨てたくなるもの。

そして、私が夏に冬服を手放して後悔しているように、その季節になって「しまった!」と思うことが出てくる可能性があります。

このことから、服の取捨選択に適した時期はその服を着る季節中 or その季節が終わってすぐだということをひしひしと痛感しました。

その季節を通して「ほとんど着なかった」「似合わなくなった」「破れた・傷んだ」などを実感してから手放すと、後悔や間違いが激減すると思うのです。

最後に


以上、私の失敗から服の取捨選択に適した時期についてお送りしました。

これは服だけでなく、夏の浴衣やアウトドア用品、冬の防寒グッズや暖房器具など、使う季節が限られているものにも同じように言えると思います。

この記事を読んでくださった方が、私と同じような失敗しませんように。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました(^^)

クリックしていただけたら励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)