美味しい!渡しやすい!喜ばれる!奄美大島のおすすめお土産をご紹介。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

夫の仕事の関係で、奄美大島に住んでいます。

でも、転勤族なのでいつまで奄美大島にいるのかわかりません。

そこで「せっかく奄美大島にいるのだから、おすすめのものをどんどん紹介していこう」と思い立ちました。

this is 奄美大島

今日は個人的に一押しおすすめのお土産をご紹介します。


スポンサーリンク


奄美大島は観光地なので、いろんなお土産が売られています。

今回ご紹介するものは

・お土産として渡しやすい
・箱入りのお菓子を配るより見栄えが良い
・お手頃価格
・何より美味しい


という特徴を備えているものになります。

私も帰省時のお土産として買いますし、時々自分用にも買います。

奄美大島のおすすめお土産…凪屋のかりんとう


奄美大島といえば黒糖。

その黒糖を使った美味しいおやつが私の一押しお土産です。

それが

凪屋のかりんとうです。

黒糖かりんとう

凪屋の黒糖かりんとう

おからでつくったかりんとう

凪屋のおからかりんとう

2種類あります。

なんとわかりやすく素朴なパッケージなのでしょう。

黒糖かりんとうの原材料は

黒糖かりんとうの原材料

・黒糖
・小麦粉
・食用油
・イースト
・塩


とてもシンプルです。

おからでつくったかりんとうの原材料は

おからかりんとうの原材料

・黒糖
・小麦粉
・おから
・油
・きなこ
・はんだま
・調整粉乳
・膨張剤


表記は「小麦粉おから」となっていますが、おそらく読点(、)が抜けているのだと思います。

そこを訂正しないところが、島人のおおらかさです(笑)

「はんだま」は葉の裏が赤紫色をした栄養価が豊富な葉野菜になります。

和名は,「水前寺菜」「金時草」「春玉」。奄美地方の「ハンダマ」は「ハルタマ」から来たという説がある。
熱帯アジア原産で,奄美群島やトカラ列島ではハンダマと呼ばれ,古くから(現在80歳位の方が,幼少期から食していたとのこと)自給野菜として各家庭で栽培され,鉄分が不足しやすい産後の食事として欠かせない食材である。

高さ60cm程に群生するキク科の多年草で,葉の裏が鮮やかな赤紫色をしている。鉄分・ビタミンA・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム等を豊富に含み,葉の赤紫色にはポリフェノールを含み抗酸化作用等の機能性が期待される。

鹿児島県ホームページ かごしまの伝統野菜 ハンダマ より引用


和え物やサラダなど島料理によく使われていますが、野菜が苦手な人は好まない味です(笑)

でも、かりんとうでは独特の「はんだま」っぽさは感じないので、ご安心ください。

黒糖かりんとうはこのような見た目

黒糖かりんとう1粒

形が不揃いなのも味わいです。

黒糖の甘みと深みをじっくり感じられます。

おからでつくったかりんとうはこのような見た目

おからかりんとう1粒

きなこがまぶされているので香ばしさがあります。

こちらの方が甘さ控えめです。

いずれもとても美味しいです。

美味しいが故に、とまりません!

やめられない、とまらない。

「ああ、あと1つ…あと1つ…」というように、どんどん食べてしまいます。

私は油断すると1袋食べてしまうので、お皿に出したり別容器に移し替えたりして自分を抑えています(汗)

凪屋のかりんとうの販売価格と売られている場所


お土産として人気があるので、だいたいのお土産屋さんでは売られています。

ただ、個人的におすすめするのはスーパーでの購入です。

スーパーの方が若干お安い傾向があります。

私はいつもグリーンストアという地元スーパーにて税込185円で買っています。

ただ、最安値はタイヨーというこちらも数店舗ある鹿児島県拠点のスーパーだったように思います(はっきりとした値段を失念してしまいました…ごめんなさい)

どのお店でも税込200円を超えることはないと思います。

ちなみに、お値段は上がりますが自立するパッケージに入っている大容量タイプもありますよ。

最後に


以上、奄美大島のお土産としておすすめ、凪屋のかりんとうをご紹介しました。

甘いものが好きな方なら、絶対に喜ばれる1品です。

自分のおやつにも最適ですよ。

奄美大島にお越しの際は、ぜひぜひご購入くださいませ~。

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が…(ブログ村テーマ)*

美味しいものなんでも大好きグルメなコミュ

美味しい暮らし♪♪

女のコが気になる情報

楽しく暮らす

主婦の独り言


読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)