奄美大島のお正月ではおせち料理を食べません。代わりに作るのが…。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

今年のお正月は夫の故郷&赴任先である奄美大島で過ごしています。

さて、お正月といえばおせち料理ですが

おしゃれなおせち

奄美大島でおせち料理はあまり作られません。

代わりに独特の風習があるので、ご紹介しますね。


スポンサーリンク


奄美大島でお正月に食べるのは三献(さんごん)


奄美大島ではお正月に 三献(さんごん) を作ります。

その三献とは何ぞや?!

三献は各家庭によって内容ややり方が微妙に異なるのですが

基本的には

・一の膳:餅入りの吸い物(赤いお椀)
・二の膳:お刺身
・三の膳:鶏肉や豚肉などの吸い物(黒いお椀)


これらを順番に食べます。

お椀の色と中身は決まっています(逆にしたらNG)

奄美大島 三献

この写真はブログ用に膳を一緒に撮影しましたが、一膳ずつ出される方が多いとのこと。

それぞれの膳の前に、家長が黒糖焼酎を一献ずつ振る舞うことから三献と呼ぶという説もあるそうです。

義実家の三献(さんごん)


元日は夫の母方のおばあちゃん家にてお正月。

私もお義母さんが三献を作るのをお手伝いしました。

ただ、お義母さんが夜勤上がりで24時間以上寝ていない(!)ということだったので今回は三の膳を省略。

一の膳である餅入りの吸い物と二の膳のお刺身のみ作りました。

お義母さん曰く「本当なら鶏肉のお吸い物を作くりまいだけどね~」とのことでした。

(※作りまい=作らないといけない)

三献を作る私とお義母さん

私の背中、デカいですね…(笑)

餅入りの吸い物は昆布・かつお・干ししいたけで出汁を取ります。

具は、昆布・海老・かまぼこ・魚・玉子・餅・ねぎの計7つ。

この7つというのが大事なようです。

だしを取り、海老や卵を茹で、具材を切る…結構手間がかかります。

そして、出来上がった一の膳がこちら。

奄美大島 三献 一の膳

一般的なお雑煮と違って、餅は小さく切ります。

しっかりと出汁を取ったお吸い物はしみじみ美味しかったです。

最後に


以上、奄美大島のお正月に食べる三献(さんごん)をご紹介しました。

各家庭によって内容は異なりますが、ずーっと受け継がれている風習。

今回私もお義母さんと作ることが出来て良かったです。

来年は三の膳も作ってみたいな~(^^)

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が…(ブログ村テーマ)*

年末年始の準備&暮らし

こどもと季節行事を楽しもう♪

ご当地グルメ、元祖・発祥の店、名物料理!

楽しく暮らす

主婦のつぶやき&節約&家事etc...


読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたらとても嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)