【断捨離】パワーストーンを捨てたい!処分方法は?そもそも捨てていいの?

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

手放そうと思っているブレスレットがありまして

水晶とヒスイのブレスレット

こちら、ヒスイと水晶で作られています。

いわゆるパワーストーンですね。

私、ふと思ったのです。

「あれ?パワーストーンの捨て方ってわからないや」と…(汗)


スポンサーリンク


このブレスレットは新婚旅行の時に買いました。

【断捨離】せっかくだから新婚旅行の思い出を語ってから捨てよう。

処分したものはアクセサリー今回断捨離の対象になったのはアクセサリー。新婚旅行の時に買ったものですが...

手放そうと思った理由は、自分で留め具をとめるのにものすごーく時間がかかるからです。

おい、ゆうり!何故買う時に気付かなかったんだ!

新婚旅行で浮かれていたのか?!

現在絶賛ワンオペ育児中…留め具に時間を割く余裕がありません(汗)

パワーストーンは捨てても大丈夫


そもそもパワーストーンを捨ててもいいのかという点について。

タロットカードとパワーストーン

これは捨てても大丈夫です。

でも、何かしらのパワーや持ち主の想いがこもっているであろう石ですからポイっと捨てられませんよね。

だから、これまでの感謝の気持ちを込めてきちんとお別れをする必要があります。

パワーストーンの基本的な処分方法


いろんなサイトを閲覧してわかったパワーストーンの基本的な処分方法は以下のとおりです。

①パワーストーンを浄化する

水晶とアメジスト

②土に埋める(自然に還す) or 一般ごみに出す


スコップかゴミ箱か

その他に「専門店に相談する」「値段がつくようなものであれば買取してもらう」などの方法もありますが、手間と時間がかかるものなのでこの記事では紹介を割愛します。

パワーストーンの浄化方法


さて、パワーストーンの浄化方法はいろいろあります。

・日光にあてる
・流水にあてる
・水晶クラスター・さざれ石にのせる
・天然塩にのせる
・海水程度の塩水につける
・セージの葉を燃やしてその煙にくぐらせる
 etc…

晴天 日光

使っているパワーストーンを浄化する場合は、石の種類によって不向きな方法があります。

「日光に弱い」「塩分に弱い」などですね。

でも、処分する前の浄化であればどの方法でも良いです。

以前私はパワーストーン専門店で買った乾燥ホワイトセージの枝葉を燃やして、その煙をくぐらせるという方法を取っていました。

でも、今1歳児の息子がいる家でセージを燃やすと大事件が起きそう…(汗)

だから今回は、塩水につけた後に流水で洗い流すという方法を取ろうと思います。

浄化したパワーストーンを土に埋める? or 一般ごみとして捨てる?


そして、悩むのが

土に埋める(自然に還す) or 一般ごみとして捨てる

ここですよね。

持ち家の場合は自宅の敷地内に埋めることが可能です。

土とスコップと植木鉢

ただ、賃貸の場合はNO。

もちろん、砂浜や森などに勝手に埋めることもNOです。

NGではなくNOなのです!NO不法投棄!

「自然に還すならば…」と海や川に投げ入れるのも絶対に絶対にダメですよ!

賃貸に住んでいる人でどうしても自然に還したい場合は観葉植物などの鉢に埋めるという方法があります。

一般ごみとして捨てるのであれば、まずアクセサリーの場合はきちんと分解・分別します。

パワーストーン 分解

そして、パワーストーンがバラバラにならないように布や紙で包みます。

この時に天然塩をひとつまみ一緒に入れるとなお良いです。

私の場合、社宅の庭に埋めることは出来ないですし家に鉢植えはないので、一般ごみとして出す予定です。

最後に


以上、パワーストーンの基本的な処分方法についてお送りしました。

先に述べたように、大事なのは

「これまで支えてくれてありがとう」

という感謝の気持ちを持ってきちんとお別れするということです。

これはパワーストーンだけに言えることではなく、他のものにも言えることですね。

それでは、この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです(^^)

読んでくださってありがとうございます

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)