35歳の私が断捨離してミニマリストを目指すのは老後の準備でもあるという話。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

先日、社宅の奥さん方と「将来どこに住むか?」という話題になった時

私が「生活費がかさむ奄美大島での年金生活は絶対に厳しい!」と答えたところ

(※夫は奄美大島出身、私は鹿児島県北部出身)

「もう老後のこと考えているの?!凄いね!」と驚かれました。

ロッキングチェア

はい、35歳ですが老後のことを真剣に考えております。


スポンサーリンク


老後について真剣に考えるようになった理由


私の実家は2017年にとんでもないことになりました。

【病気で借金が発覚…】私が本格的にミニマリストと節約主婦を目指すことを決心した大きなきっかけの話。

ミニマリストを目指す節約主婦のゆうりです。元々ミニマリストには憧れていて節約志向でしたが、そのスピードを増さざるを得なくなったきっかけについて語ります...

3行でまとめるとこんな感じです。

・突然父が大病を患った
・借金が発覚してさあ大変
・私、頑張って借金の整理した


うーむ、字面が重たい(笑)

この時に両親の財産を把握・管理しながら、今後どうすべきかと考えまくり悩みまくりました。

年金、セーフティーネット、万が一税金が払えなくなった場合の対処等など調べまくりました。

ベッドで頭を抱える女性

(これが産前うつになる大きな原因になります…汗)

両親の老後について悩むことは、私自身の老後についても問題を突きつけられている気がしたのです。

ミニマムな身の丈暮らしは老後暮らしに向いていると気付いた


私、将来に対しては不安を抱えております。

【貯金がない】私たち家族が本気で節約をしなければいけない理由。

貯金がない!私たち夫婦それぞれの両親は様々な事情があって経済的に厳しい生活を送っています。私も夫も大学進学の際には奨学金を借りました...

でも、今から断捨離をこつこつ進めて

最小限のもので生活をするミニマリストを目指して

身の丈に合ったこじんまりした暮らしに慣れておけば

いざ働けなくなって年金と貯金の切り崩しで暮らすとなっても、何とかなるのではないかと思っています。

空を見上げる老夫婦人形

愛読しているウメさんのブログにもこのような記事があります。

あなたのもらえる年金いくら?もらえる年金額とミニマムな暮らしを進める理由

・ウメさんのブログ:手放してゆとりある暮らし

この記事を読んで「そうですよね!?私も同感です!」と前のめりになりました(笑)

最後に


私が断捨離してミニマリストを目指しているのは老後生活の準備であり練習なのです。

とはいえ、数十年先のために今の楽しみを全て我慢することはしません。

自分や家族が嬉しい・楽しいと思えるようなことにお金を使いつつも、こじんまりした身の丈暮らしを貫こうと思っています。

ちなみに

個人的には今の身の丈よりもうひと回り小さく出来たらばっちりだな~と思っています(笑)

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたらとても嬉しいです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)