ワンオペ育児の専業主婦が休日の夫に抱く葛藤について語ってみる。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

つい先日

・現在は専業主婦

・子どもが1歳2か月の男の子

・平日は完全ワンオペ育児

・夫同士は同僚で毎日多忙


という私と全く同じ境遇の友人と遊んだ際に

「ワンオペ育児の専業主婦が休日の夫に抱く葛藤」

育児ノイローゼ

と題して、つらつらと話をしたら

「わかるー!めっちゃわかるーー!」と前のめりで共感されまくってびっくりしたので

ちょっと文章化してみたいと思います(笑)


スポンサーリンク


休日ゆっくり過ごしている夫にイラッとしてしまうことに対する葛藤


まず大前提として

夫のことは尊敬していますし大好きです。

息子のことは超絶可愛くて大好きです。

これは大事なので最初に大きな声で言っておきますね。

まあ、どんなに息子が可愛くても育児自体は正直しんどいと思っていますけれども(汗)

自分の子どもは超絶愛おしい。だが「子育てはしんどい」とこの場で叫ぶ。

それでは、本題に↓↓↓

「夫が頑張っているから私と息子は生活出来ているんだ!」

「毎日多忙を極めている夫だから休日くらいはゆっくり過ごしてもらいたい!」

こう思っています。

思っているのですが。

実際休日に読書したり昼寝したり好きなことをして過ごしている夫を見ると、イラッとしてしまうことがあります(汗)

怒る猫

何故「ゆっくりしてほしい」と思っているのにも関わらず、実際にゆっくりしている姿を見るとイラッとしてしまうのか?

それは「夫には完全なる自由時間がそれなりにある」ということが単純にうらやましいから

かたや、私は平日休日問わず生活の中心は息子。

息子中心、息子ファーストの生活が365日エブリディです。

もちろん、夫も息子と遊んだりお世話したりしてくれます。

息子を連れて散歩に出て、私に自由時間をくれることもあります。

でもその時間も、大半は家事に充てるため実質の自由時間は少ないです。

だから「完全なる自由時間それなりにある」という夫がうらやましくて、その実際にその姿を見るとイラッとしてしまうのです。

「休みの日くらいゆっくり過ごしてね」と言っているのは私なのに。

うーん…矛盾している…(´・ω・`)

夫の育児が中途半端になっていることに対する葛藤


さらに、ちょっとイラッとしてしまう事例があります。

夫の育児は中途半端なのです。

悩む猫

例えば、息子がうんちをしたとします。

すぐ私に「息子がうんちしたよー」と報告します。

まず、夫の中では

息子のうんち→すぐおむつを替える

ではなく

息子のうんち→妻に報告→指示を待つ

となっているのです。

そこで「手が離せないからおむつ替えてくれる?」と頼むと、ちゃんと替えてくれます。

でも、息子を清潔にして新しいおむつを履かせて…そこで終わり。

読書やスマホいじりなどに戻ってしまう。

その後に続く

うんちをトイレに流す→使用済みおむつを丸めて袋に入れる→ゴミ箱に捨てる

という工程はほぼ私が担っています。

お風呂もそうですね。

肌着&服を完全に着せる→耳掃除・鼻掃除

という工程は私の仕事になっています。

育児に関するタスクを一から十まで完遂することがほとんどないのです。

もちろん、これらは私が教えなかったことに大きな責任があります。

最初に一から十まで教えておけば良かっただけなのに。

でも、教えなかった理由の1つは「仕事で疲れているから少しでもゆっくりさせないと」という気持ちからなのです。

うーん、これも矛盾している…(´・ω・`)

自分が現在は専業主婦であるということに対する葛藤


私は専業主婦です。

先に述べたように、夫が頑張っているから私と息子は生活出来ている。

だから「もっと私も休ませて」「もっとちゃんと育児して」とは言いづらいのです。

憂鬱な猫

もちろん、私も働き始めたらちょっとは言えるようになると思います。

でも、今はやっぱり言いづらい。

今は「イクメン」「ワンオペ育児」という言葉が一般化して男性も育児すべきという風潮になっていますが、ひと昔前までは「育児=母親の仕事」だったわけで。

ひと昔前のお母さんは文句を言うことなく、それが当たり前と思って家事と育児をこなしてきたわけで。

「結局私が甘いのかなー」「私が頑張ればすむことなんだよなー」なんて思う日々なのです。

最後に


というようなことを友人に話したところ共感されまくりました。

目の前に「わかる!」と書かれたボタンがあったら、壊れるくらい叩かれていたでしょう。



あっ、この話にオチも結論もないです(汗)

私の心情の吐露にここまで付き合ってくださって、ありがとうございました(^^;)

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が(ブログ村テーマ)*

子どものいる暮らし。

シンプルに子供と暮らす

自分らしく気まま生活!

こんな生き方があってもいいよね♪

ゆるミニマル


お母ちゃんは矛盾を抱えて生きておりまする~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)