年賀状を出す習慣を断捨離するかどうか問題2018。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

11月も残り10日を切りました。

あっという間に新年がやってきますよ。

2019羊毛フェルト

この時期「来年の年賀状から出すのをやめようか」と考える人が少なからずいらっしゃると思います。

さてはて、節約ゆうりさん家では年賀状をどうするのでしょう?


スポンサーリンク


年賀状を出す派だけど出さないのも全然アリだと思う


年賀状は作るとなると、それなりに手間も時間もお金もかかります。

でも、我が家は年賀状を出す派です。

年賀はがきの束

理由としては、単純に私自身が年賀状をもらうと嬉しいからです。

コンビニで売られている年賀はがきでも嬉しい。

とはいえ、数年かけて出す人数はだいぶ絞ってきました。

一部の親族、学生時代の友人や社会人時代にお世話になった人など…今数えてみたら30人でした。

夫もそれくらいでしょうか?(←年度によって異なります)

あっ!でも、私自身年賀状を送るのをやめられても特に何も思いませんよ。

だから画面の前の「ゆうりさんには年賀状を出すのやめようかな~」と思っている貴方、どうぞどうぞ遠慮せずに!(笑)

私だけではなく、年賀状が送られて来なかったことに腹を立てる人は少なくなっていると思います。

「〇〇さんから年賀状来なかった…」と一瞬心がざわついても、七草粥を食べる頃には忘れているのでは?

だから、年賀状を出さないことにするのは全然アリだと思っています。

むしろ年賀状が来なかったことに腹を立てるような人とは疎遠になりたいですよねー…(遠い目)

年賀状を作る手間は断捨離


以前は「年賀状素材を探す」「自分でレイアウト」「自宅プリンターで印刷」と手間と時間をかけていました。

でも、2年前から年賀状印刷を頼んで、手間と時間を削減しています。

昨年はこちらにお願いしました。

【しまうまプリント】インターネットで年賀状プリント


今絶賛テレビCM放映中のしまうまプリントです。

しまうまプリントは工場(ラボ)が鹿児島県内に1つありまして。

「きっとこの地域の人たちが働いているんだよな~」という想いもあって利用しました(笑)

今年もこちらにお願いする予定です。

最後に


まもなく平成が終わりますが、もはや「年賀状を出さなければいけない」という時代ではなくなっていると思います。

年賀状を出すも良し

出す人を検討しなおすも良し

いっそ出さないも良し です。

あっ、それでも!ご年配の方は楽しみにしていることが多いので出した方がいいかもです!



来年は亥年…お母ちゃんは年女かぁ…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります(^^)


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)