ミニマリスト妻 VS 思い出を捨てられない夫の攻防。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

私たち、夫婦仲は良い方です。

しかしながら、片付け・整理整頓に関しては考え方が異なります。

別のことを考えている夫婦

私は過去もばっさり捨てるタイプです。

「見ていたら嫌な思い出がフラッシュバックする」という理由で、小学校から大学までの卒業アルバムもがさっと捨てました。

かたや、夫は思い出を大事にする&捨てられない人です。



スポンサーリンク


夫のミニマリスト化は小休止


以前から夫のミニマリスト化を企んでおり、そのことは伝えてあります。

課題図書も与えて、読破させました。


しかし、仕事の多忙さなどで心身共に疲れ切っている彼に「使っていないものは捨てなはれ~」とは言えず。

夫が本気で「仕事辞めるかもしれない」と覚悟した日。

夫のミニマリスト化は一時お休みをしています。

夫、思い出を大切にするのは良いけれど…


思い出を大切にするのは良いのです。

これから息子のものが増えていくこと確実の我が家。

「思い出も場所を取る」ので取捨選択してもらいたいのです。

いや、それよりも。

物申したいことがありまして。

夫の思い出の品、整理整頓しているのは私ですから (`皿´)

たとえば、夫が現像していた大量の写真。

アルバムに収めたのは私!

従弟の結婚式があったホテルで買ってきた絵はがき。

軽井沢の絵葉書

旅行カバンから出してしまったのは私!

彼はこの絵はがきがどこにしまわれているのか知りません(汗)

何故、夫は片付けないのか…


「私ならお土産に絵はがきは絶対買わない」というミニマリスト的思考はさておき。

何故夫は片付けないのか…

それは、私と夫の片付け・整理整頓に対する基準が違うから。

夫の実家は汚部屋とまではいかないながら、ものが大量にあって片付いていない。

それが当たり前の状態で育った彼。

私にとって散らかっている・片付いていない状態でも、彼は全~く気にならないのです。

気にならないから、片付けない。

不意に置かれたものも、放っておけば1週間も2週間そのままです。

こんな状態ならいろいろ捨ててもわからないのではないかと思いますが、人のものを勝手に捨てるのは断捨離のルール違反なのでグッと我慢しています。

最後に


この記事を書いて、決めました。

タイミングを見て、大事なものなら自分でしっかり保守管理しなさいと伝えることにします。

年末の大掃除という名目で、取捨選択・断捨離させます。

そして、ミニマリスト妻と思い出を捨てられない夫との攻防(?)は続くのです。

う~む、再読させようか…↓↓


お父ちゃん、ちゃんと片付けしなはれ~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)