【私はHSP】メンタルが豆腐なみにもろい自分を理解して何とか生きていますという話。

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

私、周囲の人たちから「明るく前向き」「あっけらかんとしている肝っ玉母さん」というようなイメージを持たれているようですが

ががが

豆腐


実際は、豆腐なみにメンタルがもろいです。


スポンサーリンク


感受性が強すぎて生きづらい…私はHSPだった


愛読しているめぐさんのブログにこのような記事があります。

「HSP」を知っていますか?自分を責めてしまう繊細なあなたへ、伝えたいこと。

湖を見つめる女性

めぐさんのブログ:ミニマリストは世界を変える!

HSP

Highly Sensitive Person


つまり「とても敏感な人」のことです。

精神分析医のエレイン・アーロン博士によって提唱されたものになります。


インターネットでも「HSP チェック」などで検索すると簡易的な診断を受けることが出来ます。

私はどの診断でももれなく「あなたはHPSです」という結果になりました。

特に私に当てはまるのは以下のような内容です。

--------

・大勢の人がいるところに長時間いるととても疲れる

・相手の感情(特に怒り・悲しみ)に自分の気持ちが左右される

・誰かの怒りを感じると、それが自分に向けられていなくても辛い

・緊張している場面から離れたくなる

・テレビなどで暴力シーンを観ると、気持ちが落ち込んで引きずる

・後ろから声をかけられると、ものすごくびっくりする


--------

以前このような記事を書きましたが

「感受性が強すぎる」という面倒な性質がちょっとだけ節約に繋がっているよねという話。

スマイルマーク 黄

私の感受性が強すぎるのはHSPだったからなのです。

HSPであることを理解していると生きづらさが若干和らぐ


HSPは生まれつきの特性になります。

そのため、治す・治せるというものではないのです。

だから

「私はHSPなんだよね」

「豆腐メンタルなのは生まれつきだから仕方ないよね」

ということを理解しているだけで少し気が楽になりますし、自分に対して優しくなれます。

そして「自分を守るために、出来るだけ苦手な場所や事柄を避ける」という選択も出来ます。

いろんな人生経験は大切ですが、それで自分を傷つけてしまっては本末転倒ですからね。

苦手な場所や事柄を避けられない場合も、事前に心積もりをして身構えることは出来ます。

身構えていても「ぐはっ」とダメージを受けることがほとんどですが、していないよりはダメージが少ないように思います(笑)

最後に


HSPという「とても敏感な人」がいるということ

私ゆうりがそのHSPであるということ

私は自分がとても敏感だということ、感受性が強すぎるということを認識して何とか生きているというというお話でした。

HSPであると「ちょっと苦しいな~」「生きづらいな~」と感じることが多いです。

外人の子どもとハート

だからそこ、自分の特性を理解して、自分に優しくしましょう。

より心穏やかに生きるために工夫して生活していきましょう。


それでは、この記事がどなたかの役に立てたら、とても嬉しいです(^^)

↓こちらのランキングに参加しています↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)