【家計テコ入れ】保険の見直し!万が一に備えたい夫を説得して固定費削減!

こんにちは、ゆうりです。

我が家の家計事情…よくないです(汗)

転勤後に給料が手取りで6万円減るという辛い事実について真剣に考えてみた。

このままだと現在も未来もぜーんぜん明るくありません。

( ゚Д゚ )どげんかせんといかーん!

ということで家計を改善すべく行動を始めました。

保険の見直し

ついに、ずっとやりたかった保険の見直しを決行しましたよ!


スポンサーリンク


専業主婦の保険見直し


【見直し前】
A生命の生命保険 約2千円
A生命の医療保険 約5千円


【見直し後】
県民共済 2千円


お母さんと赤ちゃん クレイアート

私、独身時代に入った保険をそのまま継続していました。

働いてお給料をもらっていた頃は難なく支払えていた保険料。

仕事を辞めて専業主婦になったら結構な負担になりました。

今は専業主婦なので最低限の保証があれば大丈夫だろうと、県民共済に乗り換えました。

備え過ぎ?…夫の保険見直し


【見直し前】
A生命の生命保険 約4千円
A生命の医療保険 約4千円
職場関係の共済 約6千円


【見直し後】
職場関係の共済 約6千円


サラリーマン クレイアート

私の保険の契約者は私自身だったので、さくっと手続き出来ました。

時間がかかったのは日々多忙な夫です。

何より…夫、自分が入っている保険内容を把握しておらず!

保険の外交員さんに言われたままに加入して、どんな保障内容か覚えていないという(汗)

1つだけはどうしても証券が見つからず、夫の荷物からようやく「契約内容の確認」を探し出しました。

死亡保障は共に同じ金額。

入院保障はA生命が日額5千円、共済が日額3千円でした。

でも、職場関係の共済は死亡保障・医療保障合わせて約6千円です。

他保険の外交員さん曰く「この保険料でこの保障内容、まず他社では入れない」とのことでした。

共済なので還付金もあります。

そして、固定費削減という面ではA生命を切った方が効果が大きいので共済を残しました。

万が一に備えたい夫を説得


夫は家計状況がよくないことをわかっていながらも、保険の見直しに消極的でした。

いや、家計状況がよくないからこそ保険が必要だと思っていたようです。

その気持ちはわかります。

わかりますが、大事なのは今の生活です。

そんな夫を説得するために私が話した内容をご紹介します。

夫婦 クレイアート

「余裕資金があるなら保険を手厚くしても問題ないさ。

でも、今我が家には余裕資金がないでしょ?

万が一の備えより、まずは現金が必要ですよ。

転勤して家計の見通しが経って奨学金を返済し終わったら

改めて保険を見直せばいいんじゃない?」


これで納得させました。

保険の見直し後も「入院の日額が減るのは大丈夫かな?」と心配していたので

「入院しないように健康な生活をすればいいのさ」と言っておきました。

最後に


我が家は余裕資金がないので、万が一の備えよりも今の生活を優先させました。

保険を見直したことで、固定費を月1万3千円節約です。

1年で15万6千円…なんと大きなお金でしょう!

今回保険の見直しを決行したことで、保険は入りっぱなしにせず

定期的に見直すことが大切だと強く感じました(^^;)

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が(ブログ村テーマ)*

節約生活

主婦のつぶやき&節約&家事etc...

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

モノを少なく、シンプルに暮らしたい

すっきり暮らす

奨学金を完済する頃、息子は小学5年生か…(遠い目)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)