ハロウィンのイベント化がいまだ認められない件について。

おはようございます、ゆうりです。

10月31日はハロウィンです。

どこかしこでハロウィン仕様になっているお菓子やジュース、雑貨や仮装グッズなどが売られています。

ハロウィン ジャックオーランタン

私、時代の流れを受け入れつつ柔軟な気持ちを持って生きたいと常々思っているのですが

ががが

いまだに「日本のハロウィンって何なのさ?!」と思ってしまいます(汗)



スポンサーリンク


ハロウィンは日本人に受け入れられやすい要素だらけだった


ハロウィンといえば「かぼちゃ」「魔女」「おばけ」などが頭に浮かぶ人が多いかと思います。

これらはグッズやイラストにしたらに可愛くなって万人受けしますよね。

色も「オレンジ」「黄色」「紫」「黒」とオシャレ。

これが「長なす」「ろくろっ首」「カッパ」だったらとここまで浸透しなかったでしょう。


同じ空想上の生き物なのに


仮装(コスプレ)も非日常感を味わえますし。

普段シャイでおとなしいと言われている日本人、素顔が隠れるとはじけちゃいますから。

総じて、ハロウィンは日本人が受け入れやすくて商業化しやすい行事だったというわけです。

ハロウィンに大人が集まってはしゃぐのが解せない


「仮装をした子ども達がイベント等でお菓子を貰う」

これはそもそも日本に伝わったハロウィンの形に近いので受け入れられます。

ハロウィン 子どもの仮装

「大人がコスプレをして集まる」

これには「何やねん」と思ってしまうわけです。

ハロウィン 大人の仮装

「パレードって何さ?」「ハロウィンってそういう行事じゃないやん?」と毒づいてしまうのです。

私は行事の形式にこだわる堅い人間なようだ…


ここまで書いて気付きました。

私は行事の起源や本来の形式を重んじる人間なのだと。

だから、本来の形式とは似て非なる、商業化された行事に違和感を抱いてしまい

節分の恵方巻やバレンタインデーの友チョコと同様に、ハロウィンのイベント化も認められないのです。

うーむ…これは柔軟でない(汗)

昭和生まれだからでしょうか?

最後に


ということで、私は自宅を飾り付けることなく

息子を仮装させることなく10月31日を過ごします。

息子が大きくなって「ハロウィンのイベントに参加したい」と言ったならば

一度ハロウィンの起源などを教えた上で一緒に楽しもうと思います。

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が♪(ブログ村テーマ)*

すっきり暮らす

もっと心地いい暮らしがしたい!

こんな生き方があってもいいよね♪

主婦の独り言


かぼちゃって甘くてスイーツにしやすいし
スープやグラタンにしやすいですしねー…


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたらとても励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


秋風  

はじめまして
ゆうりさんのような若い方が、ハロウィンの疑問をもっておられる事を知りコメントさせて頂きます。
私もずっと違和感や恐ろしさを感じていました。それがどこから来るのか、最近になって調べてみました。
ハロウィンの起源や前後に何が起こるのかを知り、あまりにもの恐ろしさに気分が悪くなりしばらく立ち直れませんでした。自分の感覚を信じ、ハロウィン的なものには近付かなくて本当によかったと思っています。

いつも読まして頂きありがとうございます。

2018/10/05 (Fri) 12:15 | EDIT | REPLY |   

ゆうり  

秋風さん、コメントありがとうございました。

秋風さん、はじめまして。

いつも読んでくださっているとのこと、ありがとうございます!

ハロウィンの起源は明るいものではないですよね。

それを日本では商業化された結果「ハロウィン=明るく楽しいイベント」となり、子どもならまだしも、大人が騒ぐことにとても違和感を感じています(汗)

息子がいろんな行事のイベントなどに参加するようになった暁には、その起源などをしっかり教えたいと思っています(^^)

2018/10/06 (Sat) 20:44 | EDIT | REPLY |   

お気軽にコメントください(^^)