【ハイレベルなミニマリスト・加藤くんから学ぶ】やっぱり育つ環境は大きく影響するんだと再認識した話。

こんにちは、ゆうりです。

時はさかのぼって今年の1月。

とあるテレビ番組に、ハイレベルなミニマリストが登場しました。

黒板にミニマリストの文字

急に、彼のことを思い出したので…記事にしたいと思います(笑)


スポンサーリンク


ハイレベルなミニマリスト、加藤くんの話


中京テレビ 『オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!』

その1月20日放送分に彼は登場しました。

(何故か鹿児島県でも見れました…笑)

大学院生のミニマリスト・加藤くん(当時22歳)

紹介された彼の家は…想像以上のガラーン。

何もない部屋

スタジオに家にあるもの全部持ってきたのですが

スマホ、冷蔵庫、布団、掃除道具、衣類や細々したものが入ったダンボール箱1つ…これだけ!

その冷蔵庫も基本的に水とゼリー飲料しか入っていないとのことでした(爆)

10年以上テレビがない生活


彼が12歳の頃、つまり10年前から実家にテレビはないとのこと。

「実家のテレビは地デジの波に押されて自然消滅した」そうです(笑)

そして、一人暮らしをしている彼の家にテレビはありません。

「それが普通だと思っていた」とのことです。

察するに、ご両親もかなりハイレベルなミニマリストでいらっしゃるのでしょう。

※中京テレビの動画配信サイトに放送内容が約5分にまとめられた動画がありました。

物を持たないミニマリスト 2018年1月20日(土)放送分

面白いので、お時間ある方はぜひ見てみてください。

最後に


ものがない生活が当たり前だったからこそ、彼もおのずとミニマリストになったわけです。

そう考えると、やっぱり育つ環境は大きく影響するのだなとつくづく感じました。

さあて…これから家を片付けようか…。

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が♪(ブログ村テーマ)*

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

モノを少なく、シンプルに暮らしたい

すっきり暮らす


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたらとても励みになります(^^)



加藤くん、欲しがっていたヨギボーは手に入れたのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)