【粉末、液体、ジェルボール…洗濯洗剤の違い?選び方?】洗濯洗剤は特徴をしっかり確認して選ぼう!

こんにちは、ゆうり(@simplehumble11)です。

今日はTHE★生活感溢れる記事です(笑)

節約のために一時期洗濯洗剤を液体タイプから粉末タイプに変えていたのですが

粉末洗剤その2

その際「そもそも洗濯洗剤の違いは何なのさ?」と思ったので調べてみました。


スポンサーリンク


我が家は洗濯の回数が多い


息子のシーツはほぼ毎日交換。

加えて、夫が汗っかきで1日で最低着替えは2回。

シャワーも帰宅後と朝の2回。

それは夏だけでなくオールシーズンです(汗)

そのため、洗濯は1日2回が基本です。

洗濯物

ちなみに、疲れている時…夫の肌着3枚・パンツ3枚干すと「きえーい!」と叫びたくなります。

粉末、液体、ジェルボール…洗濯洗剤の違い


製品の種類や購入のタイミングにもよりますが、グラム当たりの単価は粉末が最も安いですよね。

でも、そもそも洗濯洗剤のタイプによる違いは何なのか…気になったので調べました。

参考にしたのはこちらのサイトです。

プロが教える洗濯洗剤の選び方。液体洗剤と粉洗剤、ジェルボールはどれを選ぶべき?

【粉末洗剤】
粉末洗剤
・洗浄力が強い
・基本すすぎは2回必要
・グラムあたりの単価か安い
・水温が低いと溶けにくい


【ジェルボール型洗剤】
ジェルボール洗剤
・粉末よりも洗浄力は落ちる
・すすぎ1回の製品が多い
・計量の必要がない
・値段が高い


【液体洗剤】
液体洗剤
・粉末・ジェルボールよりも洗浄力は落ちる
・すすぎ1回の製品が多い
・製品のバリエーションが豊富


※製品の種類・性質によって当てはまらない場合もありますのでご了承ください。

あとは製品ごとに「衣類の抗菌・洗濯槽の防カビ効果がある」「柔軟剤が必要ない」などの特徴があります。

効果、節約、時短…求めるものによって洗濯洗剤を選ぼう


我が家の洗濯機置き場はお風呂場と隣り合った洗面所にあります。

洗面所、換気扇と窓がありません(涙)

お風呂場、小さな窓はありますが換気扇はありません(涙)

(高温多湿な奄美大島なのに、どうして換気扇を付けてくれなかったのか…)

故に、湿気がこもりやすく除湿器が1年中フル稼働しています。

先に述べたように、我が家では一時期粉末タイプを使っていました。

ただ、その製品には洗濯槽の防カビ効果がなかったのですよね。

3週間~1か月に一度は酸素系漂白剤や洗濯槽クリーナーで掃除するようにしているのですが、その時に取れるカビの量が半端ないことに…(汗)

だいぶ前のこちらの記事で、掃除によって取れた汚れの写真を掲載していますが

【洗濯槽の掃除】酸素系のクリーナーで掃除したらごっそり汚れが取れた。

洗濯槽を掃除しました前々から気になっていた洗濯槽の掃除。酸素系漂白剤など「酸素系」のクリーナーだとごっそり汚れが取れるということで、近くのイオンプラザで買ってきました。...

これの数倍、汚れが取れるようになりました。

「こりゃいかん」となり、洗濯槽の防カビ効果があるものに変えることに。

現在はこちらの液体タイプのアリエールを使っています。


最近、粉末タイプのアリエールにも衣類の抗菌・洗濯槽の防カビ効果があると知って気になっています。


どちらが我が家に適しているか、今度店頭で説明書きを熟読しようと思います。

この一件によって、洗剤に何を求めるのかを考えて選び分けることが必要だなと感じました。

最後に


粉末、液体、ジェルボールと洗濯洗剤の基本的な違いを簡単にまとめます。

・洗浄力の高さは、粉末→ジェルボール→液体
・コスパの良さは、粉末→液体→ジェルボール
・すすぎの回数によって水道代が変わるので総合的なコスパは判断が難しい
・粉末は水温が低いと溶けにくいので寒い季節には向かない


あとは、製品によって特徴はさまざまです。

製品の持つ効果、コスパ、時短など…求めるものによって製品を選ぶことをおすすめします。

それでは、この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです(^^)

ちなみに、あまり必要性を感じないので
柔軟剤は使っていません(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら嬉しいです♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


お気軽にコメントください(^^)