【まさかの結末】人生で一度きり3分のために2万円のものを買うべきかという悩みが解消した話。

ミニマリストを目指す節約主婦の悩みが解消した


以前から…人生で一度きり約3分しか使わないものを買うかどうか悩んでいました。

2万円

「なくても大丈夫だけど、あった方が思い出になる」という代物です。

つい先日、その悩みが解消したのでその話をさせてください。


スポンサーリンク


詳細は以下の記事に書きましたが、改めてご説明します。

【思い出をとるか現実をとるか】人生で一度きり3分のために2万円のものを買うべきかどうか悩んでいる話。

現在私たちは奄美大島在住、夫は奄美大島出身です。

奄美大島では夏に集落ごとで五穀豊穣を祈願する豊年祭があり、相撲が奉納されます。

その相撲に初めて参加する子ども(主に乳児)は父親と共に土俵入りすることが出来ます。

その時にこのような名入りの化粧まわしを付けていいのです。

化粧まわしイメージ図

もちろん、化粧まわしを付けなくても土俵入りは出来ます。

息子はお義父さんの地元で土俵入りをする予定で、義両親から「化粧まわしはどうするの?作らないの?」と言われていたわけです。

そのお値段が約2万円。

・化粧まわしを使うのは1回こっきり
・名前が刺繍されているのでおさがりに出来ない
・保管に場所を取る
・我が家にとって2万円の支出は痛い


・貴重な体験だから万全(?)の状態で参加したい
・息子が化粧まわしを付けているのを見たい


…というような感じで悩んでいました。

悩む猫

まさかの理由で悩みが解消


そんな最中、先日とある事実が発覚しました。

豊年祭の日に夫が出張で不在(爆)

驚く猫

にゃんと!

夫は「豊年祭の日取り次第では怪しいかも…」と言っていたのですが、それが的中しました。

いや、夫がいなくても義両親がいれば参加出来ますよ。

青年部の方が代わりに息子を抱っこして土俵入りすることも可能だそうです。

でも、それは何か違うような気がしますし、何より夫抜きでお義父さんの地元に行くのは私が身体的にも精神的にもキツくなりそう(だって嫁だもの)

ということで、そもそも豊年祭に参加出来ないから化粧まわしは作らないという結果になりました。

最後に


もし豊年祭と出張が重ならなかったら、化粧まわしを作っていたと思います。

「やらないで後悔するよりやって後悔した方がいい」という気持ちに傾いていたからです。

でも、心に引っ掛かりはありません。

何でだろう、むしろ晴れやか~(笑)

息子との思い出はこれからいろんな形でたくさん作るので大丈夫です。

以上、極めて私的な内容をここまで読んでくださってありがとうございました(^^)

*こちらも暮らしのヒントになります♪(ブログ村テーマ)*

節約ライフ

◇家計簿*お金事情*◇

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

シンプルで豊かな暮らし

すっきり暮らす

楽しく&幸せに暮らそ!

もっと心地いい暮らしがしたい!


ここまで読んでくださってありがとうございます
こちらをクリックしていただければとても嬉しいです(^^)♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


みゆ  

こんにちは。
おー!まさかの結末でした(笑)

でも、すっきり解決してよかったですね~♪

2018/07/26 (Thu) 11:43 | EDIT | REPLY |   

お気軽にコメントください(^^)