【スマホ育児反対派だったけど…】子連れ外出時スマホにものすごく助けられたという話。

こんにちは、ゆうりです。

昨日実家から奄美大島の自宅に帰省する予定でしたが

ががが

離陸前の飛行機

飛行機が欠航して実家へとんぼ返りでした(爆)


スポンサーリンク


システムトラブルで飛行機が欠航!


飛行機は17時05分発、18時前には奄美空港に到着

…しているはずだったのです。

ところが「管制塔から飛行の許可が下りない」ということで17時30分になっても機内待機。


すると「南西諸島に向かう全ての飛行機を管理するシステムのトラブル」ということが発覚。

私たちの飛行機だけでなく、他の飛行機も飛べていないのです。

18時になっても飛ばずに機内待機。

18時半になっても飛ばずに機内待機。

結果、19時に欠航が決定。


約1時間列に並んでチケットを切り替え。

迎えに来てくれた妹が運転する車で約1時間半かけて実家に戻りました。

疲れた…本当に疲れた…。

飛行機内でぐずる息子を落ち着かせたのは…スマホだった


息子はこの帰省で急成長…活発度が2倍増しになりました。

そんな彼が約2時間機内にこもりっきり。

どんどんお腹も空いてくる。

奄美空港で夕飯を食べさせる予定だったので、離乳食セットは預けた荷物の中(←これは私のミス…)

そりゃあ、ぐずりますよね。

機内にはたくさん人がいるので、ギャン泣きは何とかして回避したい。

歌、絵本、高い高い、おんぶ…あらゆる手を尽くして最終的に行き着いたのは

動画再生

スマホで撮影していた息子・甥っ子の動画を見せることでした。

息子、動画に集中。

そんなに長い時間ではありませんでしたが、その間はホッと出来ました。

最後に


実は、これまで私はスマホ育児反対派でした。

スマホを見る子ども

今でも、スマホに頼らずに育児が出来れば良い・嬉しいと思っていますし

ブルーライトの刺激や中毒性のことを考えて、普段は息子にスマホを触らせないようにしています。

でも、今回大変な目に遭って

・飛行機やバスなどの移動時や緊急時にスマホは大きな助けとなる

・周囲への迷惑やトラブルなどを回避出来るのであればスマホを使うことに罪悪感を持たなくてもいい

このことを文字通り「痛感」したのでした。

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が(ブログ村テーマ)*

子どものいる暮らし。

シンプルに子供と暮らす

主婦の味方♪♪

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

それにしても今回息子はとても頑張りました…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら息子も喜びます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

お気軽にコメントください(^^)