実家がある町の物価が安くて奄美大島の自宅に帰りたくない件。

こんにちは、ゆうりです。

9月27日より、まだまだ帰省中です。

【思い立ったが吉日だもの】1年間帰省しない宣言を撤回して9月末に帰省することに決めた話。

昨日スーパーの特売日だったので買い物に行ったのですが

スーパーのカート

私の実家がある町…物価が安いです。

もしかしたら全国的に見ても安い方かもしれないので、ちょっと紹介してみます。


スポンサーリンク


実家がある町のスーパーで買ったものまとめ


昨日買い物したスーパーは税抜価格での表示ですが、わかりやすくするため税込価格を記載します。

あと、今私が住んでいる奄美大島で同じようなものを買った場合の価格も記載します。

・たまご1パック84円
たまご78円

奄美大島では特売で1パック128~158円。

もし奄美大島で1パック100円切ったら、みんなざわついてお店は大混雑するでしょう。

・にんじん・玉ねぎ1個21円
北海道産玉ねぎ・にんじん1本19円

玉ねぎ、大きいですよね?

買わなかったですが、じゃがいもも同じ価格でした。

奄美大島では玉ねぎ5個138円(1個約27円)が底値かな?

にんじんはもう少し高いです。

・りんご(見切り品)2個171円
りんご2個158円

見切り品でしたが、傷や打撲はありません。

帰省前の奄美大島では1個税込170円でした。

シーズンには1個108円で買えますが、もっとちんまりしています。

・北海道産塩サーモン360円
北海道産サーモン333円

あっ!これ「鮭(さけ)」ではなく「鱒(ます)」ですね!

でも、脂がのっていて美味しそうなので構いません(笑)

奄美大島では1切108円でしょうか?

・国産豚ロース100グラム96円
国産豚肩ロース100グラム89円

これは昨日買ったものではなく、私が帰省する前に同じお店で母が買っていたもの。

あまりにも魅力的な価格だったので載せました。

奄美大島では豚小間肉100グラム98円が底値かな?

奄美大島は魅力的だけど、物価以外の面でもちょっと気になることがある


奄美大島は海がとても綺麗で自然豊かです。

島特有のゆったりのんびりとした雰囲気が気に入って都会から移住する人もいます。

私も素敵な島だと思っています。

奄美の海

でも、私は同じ鹿児島県から引っ越してきた身。

「本土の方が良いなあ」と思ってしまうことがいくつかあります。

まず、奄美大島では生鮮食品だけでなく冷凍食品や日用品、ガソリンなど様々なものの小売価格に輸送費が上乗せされます。

そのため生活費が割高になってしまうのです。

でも、最低賃金は同じ761円ですからね。

さらに、奄美大島では台風などで船が運休になると物資が入ってこない。

パンや牛乳、野菜やヨーグルトなど、生活に必要なものが数日入荷されません。

あと、子育て世帯には重要な「こども医療費助成制度」

奄美市では小学6年生までが無償、かたや実家のある町は18歳まで無償なのです。

うむむ、こうやって比べてみると違いが…(汗)

最後に


このように同じ鹿児島県でもところ変われば物価や暮らしにかかるお金が変わります。

もちろん生活で重視すべき点はお金だけではありません。

自然や子育てに関する環境・制度、医療施設の有無なども大事です。

どの町も良いところがあるし、改善してほしいところがある。

私、奄美大島は好きです。

でも…でも…

やっぱり実家のある町に引っ越したいですー住みたいですー( ノД`)

*こちらにも暮らしのヒントになる記事が(ブログ村テーマ)*

節約生活

子どものいる暮らし。

ミニマリストな生活 & シンプルライフ

モノを少なく、シンプルに暮らしたい

主婦のつぶやき&節約&家事etc...


息子も実家のある町を満喫していますしー…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

クリックしていただけたら励みになります!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

お気軽にコメントください(^^)